キャバクラの本指名、場内指名の違いとは

キャバクラの「本指名」「場内指名」、言葉そのものは聞いたことはあってもどういう意味かわからない人は多いでしょう。

実際キャバクラに行っても「本指名」「場内指名」という言葉を使うことはあまりなく、「指名料金」として定められているだけ。

ですが、キャバ嬢にとってはこの意味が大きく違うわけなんです。

この記事ではそんな本指名と場内指名の違いについて紹介していきます!

キャバクラに行く時、指名したいお気に入りのキャバ嬢ができた時はぜひ覚えておきましょう。

本指名とは

自分が本指名をするのか、場内指名をするのかは来店した時に決まります。

本指名って何?

本指名とは来店した時点でお客さんが特定のキャバ嬢を指名すること。

例えばある日上司に連れられ初めてのキャバクラに来店して、そこのキャバ嬢であるAちゃんを気に入ったとします。

『次に来店する時もAちゃんと話したい!』
そう思ったら、来店した時点で席に着く前にボーイに「Aちゃん指名で」と伝えることができます。

これを本指名と言います。
本指名をすることで最初からAちゃんに接客してもらうことができます。

つまりそのお店に来店することはAちゃんに接客してもらうことが目的である、そんな場合ですね。

特定のキャバ嬢を目的として来店する時は、ちゃんとその子がその日出勤しているのか確認しておきましょう。

連絡先を知っていたらその子に「今日出勤する?」と聞いても良いですし、お店によってはホームページなどでその日の出勤情報を公開しているところもあります。

フリー客とは

フリー客って何?

初めて来店する場合など指名したいキャバ嬢が特に決まっていない人のこと。

つまり指名がない、フリーのお客さんなので、そのキャバクラのスタッフが気に入りそうなキャバ嬢を何人か交代で付けてくれます。

お店のおまかせ、みたいなイメージですね。

フリー客につくキャバ嬢のカラクリ

お客さんが気に入りそうなキャバ嬢を何人か交代でつけてくれることをキャバクラ業界の言葉で「つけ回し」というのですが、キャバクラのスタッフがキャバ嬢を選ぶ基準って何だと思いますか?

フリー客で入った男性の好みをお店側が知っていれば問題ないのですが、フリー客の場合大抵が初めてキャバクラに来店した人か、何度か来たことはあるけど指名するほど気に入るキャバ嬢が見つかってないというパターンが多いです。

そんな時にキャバクラのスタッフが判断するのは”見た目”です。

例えば、あなたがギャル男系の見た目だとしたらきっと「ギャル系のキャバ嬢」を一番最初に付けてくれることが多いでしょう。

そんな風に、お客さんの好みがわからない場合は、まず最初は見た目で判断するのです。

一番ダメなのが清潔感が無いこと。
身なりが汚いなどの場合、キャバ嬢の方が「あの人の席に着きたくない」と拒否することもあるので、結果的にあまり売れていない微妙なキャバ嬢が付く可能性が上がってしまうことになるんです。

なので、キャバクラへ行ってフリー客として入店する場合は最低限の見た目には気を遣うようにして下さいね。

美肌で清潔感UP!


場内指名とは

場内って何のこと?

「場内」とは「店内」を意味します。

場内指名とは、例えば最初はフリーで入って、その時に偶然接客してもらったBちゃんを気に入ったとします。

気に入っても、指名をしていなければ時間が経てばBちゃんは別のテーブルに移動してしまいます。

そのため「Bちゃんともうちょっと一緒にいたい!」と思ったら、場内指名という形で、フリーで接客してもらった延長線上で指名することができます。

こうすることでAちゃんは他の本指名が入っていなければ、そのままもう少し一緒にいることができます。

そしてそのキャバクラやBちゃんが気に入ったら、次来た時はBちゃんを本指名しましょう。

この場内指名と本指名、指名料には大きな違いがない場合が多いのですが、キャバ嬢にとってはかなり意味が違うそうです。

本指名を取るのが難しいため、お店にとっては売り上げに直結するありがたい存在として、給料を弾んでもらえます。

なので本指名すると、そのキャバ嬢(例で言う所のBちゃん)からかなり喜ばれますよ。