ガールズバーの料金システム

ガールズバーはキャバクラに比べるとずっとリーズナブルな料金システムです。
ここではガールズバーの料金システムについてキャバクラとも比較しながら解説していきます。

都心のガールズバーでの平均相場についても触れていきますので、結局ガールズバーで遊ぶにはどれくらいの予算が必要なのか、そのモデルケースについても解説していきますね。

セット料金

まずはセット料金。
キャバクラと同じですね。
大抵の夜のお店ではまずはこの「セット料金」で遊ぶことになります。

セット料金は最初の1時間に掛かる料金のことで、1ドリンクがついている場合が多いです。
都心のガールズバーでは1時間3000円程度のセット料金が一般的ですね。

切り詰めようと思えば、このセット料金だけでガールズバーでの時間を過ごすこともできます。

ですが、1時間グラス一杯のお酒で女の子とおしゃべりをする、それだけでは物足りなく感じてしまう人も多いかもしれません。
あくまで基本料金です。

中には飲み放題のガールズバーもあります。
飲み放題なのでその分セット料金も多少高くなり、都心の場合4000円程度になる場合もあります。

お店の前などにセット料金やドリンクのシステムは明記されていることが多いので、最初はしっかりセット料金がわかるお店を選ぶのが良いでしょう。

女の子のドリンク代

1ドリンク制の場合も飲み放題の場合も、女の子の分のドリンク代は別途かかります。
飲み放題はあくまで自分の分のお酒です。

ガールズバーで接客をしてくれた女の子に「私も何か飲んで良いですか?」と聞かれたら、女の子の分のドリンクをおごってあげましょう。

大抵700円~1000円程度です。
ちゃんとメニューに明記されていますが、ドリンクをOKしたらその選択は女の子に委ねるのが良いですね。

ケチケチしていると女の子に嫌われます。
ほとんどのお店では女の子のドリンク代が一律の値段になっていますので、どれを選ばれても大差はないということが多いですね。

たくさんの女の子に接客してもらうと、それだけこのドリンク代が掛かります。

カラオケ

結構あるところが多いのがカラオケ。

キャバクラはしっとりキャバ嬢との会話を楽しむ、というところが多いですがガールズバーではお店全体で盛り上がるところもあります。

特に古くからあるお店では、カラオケの機材も設置しているところが多いですね。
女の子とデュエットしたり、何かリクエストして歌ってもらったり。

カラオケをどのように楽しむかはお店によってもまちまちなことが多いです。
カラオケは1曲200円程度と決められているお店もありますが、中にはカラオケは無料・歌い放題というお店もあります。

だからと言って歌いっぱなしは他のお客さんの迷惑にもなるのでほどほどに楽しみましょう。

ダーツ

カラオケとは別にダーツがあるお店もありますね。

ダーツバーを思い浮かべてもらえるとわかりやすいでしょう。
こちらも1ゲーム100円程度。

投げ放題の本格的なダーツバーとは違い、ほとんどが設置されているダーツマシンにコインを入れて遊ぶことができるところが多いです。

その場で現金を出してお金を入れるので、お会計で一緒に支払うわけではありません。

そもそもガールズバーなので、本気でダーツをするというより、女の子と軽いダーツ対決をしたり得意なダーツでちょっと良いところを見せられるものだという認識の方が正しいです。

TAX

【2019/10/1更新】
増税で消費税は8%⇒10%に変更しています。

TAX、消費税ですね。
普通に10%だけ引かれると思っていませんか?

ですがキャバクラやガールズバーの料金システムではTAXは消費税(を含むお店での手数料)であって、多くの場合10%以上取られます。

キャバクラでは別で「サービス料」という形で料金を上乗せされる場合が多いですが、ガールズバーではこの「TAX」にサービス料が含まれているところが目立ちます。

1セットで総額いくらぐらいかかる?

都心のガールズバーの場合1セットで結局どれくらいの支払いになるのでしょうか?
その一例について支払いを考えてみましょう。

セット料金(3000円)+女の子のドリンク代(700円×2杯)+カラオケ(200円×2曲)

これで合計4800円。
ここにさらにTAX(手数料2%、税金10%と仮定して)を加えて合計は5376円になります。

ドリンクをもっと頼んだり、ボトルのオーダーをすればもう少しお金が掛かる場合もありますが、紹介した一例でも十分にガールズバーを楽しむことができますね。

1セットで数万円が飛んでいくこともよくあるキャバクラに比べると、その代金はかなりリーズナブル。

それでもキャバクラを選ぶのか、ガールズバーで手軽に遊ぶのかはあなたのお財布と好み次第です。
自分の経済状況に合わせてキャバクラやガールズバーで上手に遊んでくださいね。

さっそくガールズバーで遊ぼう


ガールズバー・キャバクラの検索の仕方】を見る!