嫌われないキャバ嬢へのメールの返信方法

最近ではキャバ嬢との連絡方法もメールLINEが当たり前になってきました。
メールやLINEでは、普通の友達や気になる女性とのやり取りでも、好かれるやり取り、嫌われるやり取りは存在しますよね。キャバ嬢の場合も同じこと。
キャバ嬢に嫌われないメールの返信方法にはどのようなものがあるのか、そのNG例と、それに対して好かれる例についても合わせて触れていきます。
やってしまいがちだけど、嫌われる可能性も高い。
実際にキャバ嬢とメールやLINEのやり取りをする前に知っておきたいNG返信について紹介していきますね。

1.長い間やり取りしすぎない

あまり長い間やり取りをすると、キャバ嬢も疲れます。
多少の雑談は楽しいですが、あまりに長すぎてだらだら続くような連絡のやり取りは、好きなキャバ嬢相手なら楽しいかもしれませんがキャバ嬢にとってはそうでないことも。
特にキャバ嬢の場合、何人ものお客さんと連絡をとっていることも多いのでメールの返信はほどほどに。
何度かメッセージのやり取りをしたら、キリの良いところで切り上げましょう。
時間にもよりますが、3〜4回ほどメッセージのやり取りをしたら「じゃあまたお店に行くね!」と一言締めのメッセージを伝えて終了にしましょう。
次にメッセージを送る時は、来店する前。
「今日行くつもりなんだけど出勤してる?」など出勤の確認などをするとさらに好印象です。

2.返事の催促はしない

キャバ嬢だって仕事をしてます。
お店が営業していない時間だって、もしかすると他のお客さんと同伴しているかもしれませんし、プライベートの予定が入っているかもしれません。
いつでもメールやLINEの返事ができるわけではないんです。
営業時間中ではないから返信ができる、というわけではありませんので「返事まだ?」と催促をするのはキャバ嬢に嫌われる原因になってしまいます。
それは誰だって同じですよね。
メールやLINEのメッセージを催促されると、誰だって余計に面倒に感じてしまいます。
出勤の確認など特別すぐに返事がほしい内容のメッセージでなければ、催促はせずにのんびり返信を待ちましょう。

3.自分の実況中継をしない

自分の実況中継とは、「今◯◯してるよ〜」とLINEやメールで伝えることを言います。
ですが、冷静に考えてみてください。キャバ嬢からしてみれば「それで?」と思われて当然ですよね。
自分が今何をしているのか中継放送のように送っても、ただの報告で完結するので、キャバ嬢の方からしても何て返せば良いのかわからず困らせることになります。
そうではなくて「前○○ちゃんに教えてもらった居酒屋来てるんだけど本当に美味しいよ、ありがとう」と相手が返信しやすいような文面を心がけましょう。
メールやLINEは相手が読んでどう思うか、どう返すかを気をつけて送ることがマナー。
そのことを気をつけるだけでキャバ嬢から嫌われるような文面になることは避けられますよ。