関西のキャバクラの特徴

大阪と東京でかなり街の雰囲気は違います。
街が違えばその土地にあるお店やキャバ嬢の雰囲気も違ってきますよね。
関西にお住まいの人にとって気になるのが関西のキャバクラの特徴。
関西への出張ついでにその土地のキャバクラに行ってみたい、と思っている人もいるのではないでしょうか?
関西には様々な繁華街があり、その街によってもまた雰囲気が違ってきます。
ここでは関西圏の人気の街のキャバクラの特徴についてご紹介していきます!

北新地

関西有数の高級繁華街、北新地。北新地はキャバクラの中でも特に高級店が多いですね。
キャバ嬢の見た目も接客技術も一級品。料金が高い分満足度も高い、そんなキャバクラが軒を連ねています。
関西で何年もキャバクラで働いてきたキャバ嬢が、さらなる高みを求めて北新地の高級キャバクラに移籍してくる、というのが関西のキャバ嬢のセオリーだそうですよ。
北新地は大阪のビジネスの中心地・梅田に隣接することからサラリーマンが多く、お客さんの年齢層も比較的高い傾向にあります。
とにかく騒ぎたい!というよりは夜の街の落ち着いた雰囲気を楽しみたい男性におすすめですね。

ミナミ(難波、心斎橋)

キャバクラの店舗数でいうとミナミが関西トップクラス。
観光客や若いお客さんも多い街なので格安店が多くお客さんの年齢層も低め。
大阪という土地柄なのか、テンションが高くおしゃべりが得意なキャバ嬢が多いですね。
北新地とはうって変わってとにかく騒ぎたい!
そんな人にぴったりな賑やかなお店が多いのがミナミの特徴です。
ミナミはそこにキャバクラがあるだけで集客が見込めるところでもあるので、新しいお店もどんどんできています。
一方であまり良い経営とは言えないぼったくり店も多い街ですので、むやみにキャッチに引っかからないように気をつけましょう。
ミナミのキャバクラに行く時はネットなどでちゃんと下調べをしてから行くのがおすすめです。

祇園

祇園は舞妓さんや芸子さんの多いイメージがあるかもしれません。
ですが昼に歩いている人は10割舞妓さん体験の観光客の方達なのであしからず。
歴史的にも古い夜の街としてのイメージがあるかもしれませんが、時代に合わせてキャバクラもどんどん増えています。
老舗のキャバクラ高級店も密集している街なので、群を抜いて落ち着いた雰囲気を持っています。
京都弁で話すキャバ嬢、というのも乙で良いですね。
特に京都という日本有数の観光スポットなので、地元民よりも京都に訪れる出張中のサラリーマンや、観光客をターゲットとしたキャバクラが多いようですね。
京都の雰囲気を存分に楽しめるような、落ち着いた、和をコンセプトとしたキャバクラも珍しくありません。

神戸・三宮

神戸・三宮周辺はアクセスが良く、ビジネスでも訪れる人が多いです。
関西以外にお住いの方にとっては港や中華街のイメージも強いかもしれません。
そんな神戸・三宮はとにかく飲食店・居酒屋が多い街で、キャバクラももちろん店舗数が多いです。
特にコンセプトのバリエーションも豊富で、他のエリアではなかなか見つけられない特殊なコンセプトを掲げたお店も珍しくないですね。
キャバ嬢の年齢層も幅広く、若い女性はもちろんですがある程度年を重ねた大人っぽいキャバ嬢で揃えたキャバクラもあります。
個性的なコンセプトで注目を集めようとしているかと思うとそんなことはなく、見た目や接客技術についてもかなりレベルが高いエリアなので、お気に入りのキャバクラを見つけたら常連になる確率もかなり高い街です。

関西には面白いキャバ嬢もたくさん

関西には様々な街があり、キャバクラの特徴も大きくことなります。まとめるとこのようになりますね。

北新地 高級店が多く、キャバ嬢のクオリティも抜群。サラリーマンが多い
ミナミ 店舗数はトップクラス。客層も嬢の年齢層も若く、格安店も多い
祇園 老舗のキャバクラが多い。和をコンセプトとした観光客向けのお店が中心
神戸三宮 コンセプトに富んでいる。嬢のクオリティも高く常連になりやすい

このように様々なコンセプトがあり、キャバクラに通うお客さんにも様々な人がいます。
地元を選ぶか、自分の好みにあった街を選ぶか。
それはあなたの好み次第ですが、自分のお気に入りを見つけるためにこれらの特徴も参考にしてみてください。