あまりに貧乏な男性はキャバクラよりガールズバーがおすすめ

貧乏すぎてそもそもキャバクラであまり遊べない、でもたまには女の子がたくさんいるお店に行きたい・・・
その気持ちはよくわかります。そんな時はガールズバーはいかがでしょうか?
自分はキャバクラが大好きな人間ですが、ガールズバーにも行ったことがあります。
キャバクラは料金が高すぎてあまり行けない人も多いです。
そんな時こそキャバクラよりリーズナブルで敷居も低いガールズバーを選びましょう!
世の男性の中には、ガールズバーの方が楽しくて好きだという方も多いです。
この記事ではそんなガールズバーの魅力についてお話ししたいと思います。

ガールズバーはキャバクラよりも安く遊べる

キャバクラにはセット料金からボトルオーダー、延長料金やサービス料など様々なものがあります。
ガールズバーも料金体系は似ていますが、キャバクラに比べると価格相場はかなりリーズナブルです。
キャバクラはセット料金の時点で5000円程度かかるところがほとんどですが、ガールズバーのセット料金は1時間3000円ほどが相場。
1ドリンク制で1時間3000円、なんてお店もありますね。
同じ地域にあるキャバクラと比べても、ずっと料金が安く同じ時間過ごしたとしてもお財布に優しいです。
ここにさらにドリンク1杯ごとに700円〜1000円程度が掛かります。
ガールズバーによってはカラオケやダーツなどがあり、それをオーダーする場合は相応のオプション料金が加算されます。
キャバクラでは基本システムの料金は明記されていても、ドリンクやフードなどのメニューは基本的にありません。
ですがガールズバーではそこで働く女の子がカクテルを作る場合が多いので、メニュー表が用意されていることが多いという点も安心できるポイントです。

朝まで営業しているので長く遊べる

キャバクラは風営法により12時〜深夜1時には閉店するお店がほとんどです。
ですがガールズバーは「居酒屋・飲食店」というカテゴリーに入るので、明け方まで営業することもできます。
なので「朝までゆっくり遊びたい」、「二次会・三次会で女の子のいるお店に遊びに行きたい」という時にも、ガールズバーは時間を気にせず遊びに行けるところが魅力ですね。
ガールズバーは、女の子と一緒にしっとりした時間を過ごすというより、朝まで女の子と思い切り騒ぎたい!と思っている男性から、今も昔も人気が高いです。