天王寺動物園概要

天王寺動物園概要

天王寺動物園は大正4年(1915年)1月に日本で3番目の動物園として開園しました。以来、市民のレクリエーションおよび教養・学習の場として親しまれています。開園当時と比べると面積も増加し、現在約11ヘクタールの園内におよそ230種1,000点の動物を飼育しています。また、都心の気軽なオアシスとして、年間150万人以上の利用者で賑わっています。天王寺動物園では、動物の生息地の環境を可能な限り再現した上で、そこに暮らす動物の様子を紹介する「生態的展示」を進めています。平成7年(1995年)に爬虫類生態館「アイファー」がオープンしたのを手始めに、以降、カバ舎、サイ舎、アフリカサバンナ区草食動物ゾーン、アジアの熱帯雨林ゾーン・ゾウ舎が次々とオープンしました。そして平成18年9月にはアフリカサバンナ区肉食動物ゾーンがオープンし、上記、カバ舎、サイ舎、アフリカサバンナ区草食動物ゾーンと合わせたアフリカサバンナゾーンが全面完成しました。

天王寺動物園概要

開園時間 午前9時30分〜午後5時(入園は午後4時まで)
午前9時30分〜午後6時(入園は午後5時まで) 5・9月の土・日・休日
休園日 毎週月曜日(休日にあたる場合は翌日) 年末年始(12/29〜1/1)
入園料 大人1名   500円
中学生以下、65歳以上(大阪市在住の方のみ)、身体障害者手帳等をお持ちの方は無料
(証明となるものをお持ちください)
住所 〒543-0063
大阪府大阪市天王寺区茶臼山町1-108
アクセス 地下鉄「動物園前」@番出口より約5分  ( 地図を見る )
天王寺動物園HP http://www.jazga.or.jp/tennoji/index.html
お問合せ 電話: 06-6771-8401

PDF ダウンロード

天王寺動物園の地図やパンフレットをPDFフォーマットでご覧いただけます。

  • 東南アジアの熱帯雨林を再現したゾウ舎
  • 東アフリカの国立公園を再現したアフリカサバンナゾーン
  • 天王寺動物園マップ

Copyright © 2010 NANNO&COMPANY All Rights Reserved.